JCB

Amazonでポイント還元率最強なクレジットカードはJCB CARD W!【ポイント4倍!】

最近は日用品や食品をAmazonで注文する方がおおいですよね。あなたはアマゾンでお買い物をするとき、どんなクレジットカードを使っていますか?

私は普段からよくAmazonを利用しているので、決済に使うカードは還元率が高くて、ポイントが貯まりやすいクレジットカードを選ぶようにしています。

そんな私が自信をもってお勧めするクレジットカードが「JCB CARD W」です。Amazonのお買い物は最大で還元率2.0%になる上に、年会費無料のクレジットカードなんです。

この記事では、JCB Card Wを利用してAmazonで最大限に得する方法を紹介します。

JCB CARD Wは年会費無料で高還元率なカード

JCB CARD Wは、年会費永年無料で持ててさらに常に還元率が1.0%のクレジットカードです。また、家族カードも年会費無料で作れます。

1,000円につき1ポイント貯まり、JCB CARD Wでさらに1ポイント、優待店でお買い物をするとさらにポイントが貯まります。

優待店のAmazonでJCB CARD Wを利用してお買い物をすると1ポイント貯まり、合計で3ポイント貯まることになり、還元率1.5%になります。

また、Amazonだけでなくセブンイレブンではポイント3倍になったり、スターバックスカードへチャージするとポイントが10倍になるなど年会費無料のクレジットカードとは思えない高還元率でポイントの貯まりやすい一枚になっています。

しかし、誰でも自由に申し込めるという訳ではなく、WEB入会限定で39際以下の方しか申し込めません。

39歳以下と申し込める年齢に制限がありますが、込む時の年齢なので一度カードを作ってしまえば40歳以上になっても使えます。

【JCB CARD Wのまとめ】

  • 年会費永年無料で家族カードも無料で作れる。
  • 通常の還元率は1.0%
  • 優待店の利用で還元率が上がる。
  • WEBからの申し込みと39歳以下限定。
  • 貯まるポイント名はOki Dokiポイント。
  • Amazonはポイント2倍・セブンイレブンでは3倍・スターバックスでは10倍。

JCB CARD WでAmazonのお買い物を還元率2%にする方法とは?

JCB CARD Wで楽天市場やヤフーショッピングなどのショッピングサイトでお買い物をする時にポイント優待サイト「Oki Dokiランド」を経由すると最大でポイントが20倍になります。

Oki Dokiランドを経由してAmazonでお買い物をすると1,000円で4イント貯まります。

還元率も1.5%から2.0%になるので、ポイントを多く貯めたい方は「Oki Dokiランド」を経由することをオススメします。

Amazonで1,000円の買い物
通常 1pt
JCB CARD W特典 1pt
優待店特典 1pt
Oki Dokiランド経由特典 1pt
合計 4pt

楽天市場やヤフーショッピングの他に、DHC・LOHACOなど約400店が参加しているので色んなお買い物に利用できます。

サイトによって付与されるポイントが変わるので予め確認しておきましょう。

Oki Dokiランド公式サイト

Oki Dokiポイントの有効期限はいつまで?

Oki Dokiポイントには有効期限があり、1は「獲得月より2年間(24ヶ月)」です。

期限が過ぎてしまったポイントから1ヶ月単位で失効になります。

貯めたポイントの有効期限の確認方法は、会員専用「My JCB」か、カード利用代金明細書で確認できます。

JCB CARD Wで貯まったOki Dokiポイントの使い道とは?

JCB CARD Wがポイントの貯まり安いクレジットカードというのは分かってもらえたと思いますが、ポイントの使い道も気になりますよね?

貯まったOki Dokiポイントは色んな商品と交換することができます。

交換レート 交換単位 移行期間
Amazon 1pt=3.5円分 いつでも
nanacoポイント
(nanacoカードへのチャージ)
1pt=5pt 200pt以上
1pt単位
いつでも
スタバ
(スターバックスカードへのチャージ)
1pt=3.5円分
(200pt未満)
1pt=4円分
(200pt以上)
いつでも
楽天スーパー
ポイント
1pt=4pt 200pt以上
1pt単位
申込から
約1〜2週間程度
WAONポイント 1pt=4pt 200pt以上
10pt単位
申込受付日から
約10〜20日
ベルメゾン
ポイント
1pt=5pt 200pt以上
1pt単位
4日〜2週間
ジョーシン
ポイント
1pt=5pt 200pt以上
1pt単位
受付後
約1〜3週間
ビックカメラ
(ビックポイント
ビックネット
ポイント)
1pt=5pt 200pt以上
1pt単位
受付後
約1〜2週間
Tポイント 1pt=4pt 500pt以上
100pt単位
MyJCBからポイント移行の手続き完了後
Tポイントの移行が
完了する
Tポイント
(らくらく
自動移行コース)
1pt=5pt 1pt位以上
1pt単位
毎月自動的に全てのポイントがTポイントに移行する
Tポイント
(好きなときコース)
1pt=4.5pt 200pt以上
100pt単位
好きな時にTポイントに移行できる
JCBギフト券 1,050pt=5,000円 1,050pt以上 申込受付後
約3週間

この他にも、ディズニーランドのパークチケットや、アンバサダーホテルの宿泊券に交換できたり、家電と交換もできますが、あまり得策ではありません。正直普通に買った方が安いです。

では、貯まったポイントを何使えば一番お得かと言うと、それはnanacoポイントに交換かJCBギフトカードに交換するのが還元率が高くオススメの方法です。

JCB CARD WとAmazon Master Cardを比較

JCB CARD Wの他にも還元率が高いクレジットカードは他にもあります。

Amazonから還元率が2.5%の「Amazon Master Crad ゴールド」や還元率2.0%の「Amazon  Masuter Crad クラシック」が出ていますが、どちらも年会費がかかります。

Amazon  Masuter Crad クラシックは初年度年会費無料ですが、2年目以降は年1回以上の利用しないと年会費1,350円(税込)が発生します。

Amazon Master Crad ゴールドは、利用回数関係なく、年会費10,800円(税込)がかかります。

ここだけ見ても、年会費がかからずポイントも2倍のCB CARD Wの方が良いですよね?

より分かりやすくする為に表にしました。

JCB CARD W Amazon Masuter Crad クラシック Amazon Master Crad ゴールド
年会費 無料 初年度年会費
翌年から1,350円
年1回の利用で無料
10,800円
家族
カード
無料 なし なし
還元率 通常1.0%
Amazonで2.0%
通常1.0%
Amazonで1.5%
(プライム会員・無料体験中の場合2.0%)
通常1.0%
Amazonで2.5%
特典 新規入会で最大
13,000円分プレゼント
(条件アリ)
新規入会で5,000円分のAmazonポイント Amazonプライムが
使い放題
特徴 Amazon以外にも、セブンイレブンやスターバックス、楽天市場でも利用でき、ポイントが貯まりやすい 全国主要空港
ラウンジサービス
締め日/支払日 15日締め
翌10日支払
月末締め
翌26日支払
月末締め
翌26日支払
電子
マネー
QUIC Pay
Apple Pay
Google Pay
iD iD
ETC 無料で発行可能 年会費540円(税込)で
追加可能
年会費540円(税込)で
追加可能

表を見てもらうと分かりますが、3つとも通常の還元率は1.0%。

JCB CARD Wは使うお店によってポイントの還元率が上がるので、Amazon Master Cradと比べても使いやすく、ポイントが圧倒的に貯まります。

ETCカードの発行も、Amazon Masuter Cradは追加料金を払わないと発行できませんが、JCB CARD Wなら無料で発行できるのも大きな違いです。

JCB CARD Wのデメリットとは?

JCB CRAD Wは年会費がかからず、ポイントの還元率も高いですがデメリットとして

  • 39歳以下は申し込めない。
  • 明細書を確認する方法がWEBのみで、郵送で発行してもらえない。
  • JCB CRAD WはJCBスターメンバーズの対象外。

などがあります。

JCBスターメンバーズは、年間でJCBカードを一定額以上利用した方が受けられるメンバーシップ特典で、Oki Dokiポイントが通常よりも多くもらえます。

同じJCBのクレジットカードでも、JCB CRAD WはJCBスターメンバーズの対象外なのは残念です。とはいえ、スターメンバーズの最高ランクに上がっても、カードの還元率はJCB CARD Wよりも低いのでそこまで気にならないでしょう。

JCB CARD Wの新規入会で入会後3ヶ月間ポイント10倍に!

2019年7月1日(月)〜12月31日(火)までに新規入会した方を対象にキャンペーンが開催されています。

JCB CRAD Wに入会後、3ヶ月間ポイント10倍になるキャンペーンで、通常より圧倒的にポイントが貯まります。

この機会JCB CRAD Wを申し込んで見てはいかがでしょうか?